2017.9.10「久しぶりに、釣れない水路へ」

実に3カ月ぶりの元ホームリバーに行ってきました。“元” ?というのはですねぇ、一昨年あたりからあんまり行ってないからです。僕が新潟に来た5年前はすんごい釣れたのに……年々釣れなくなり、、そんなわけで足が遠のくばかり。

でも釣ってる人はいますので、魚はいるってことですね! はい、前向きに考えてみました。無理矢理過ぎるほどに。空元気とも言います。

5時入水。いつもは上流方面に行った後に、そのまま流されつつ下流域を攻めていくといった具合。なんですが、今日はラクしていきなり自然に身を任せ下流ぇ~。

1時間経過。

2時間経過。

3時間経過。

下流は諦めて上流を目指すことに。いやぁ釣れていない、それどころか反応すらない時の逆流パドリングは堪えますね。いつも必ず狙う葦の密集エリアに、バスポンド(BPベイト)「ロンザパUB」をしずかーに落とし長めのポーズ~2~3回ハンドルを巻き始めたところで、

“シュボッ!”

しかし乗らない! なぜ乗らない!!

この反応で意気消沈していた僕の気分は一気に晴れまして、さらに上流へスイスイ上ります。

岸際に立つ大きな木の枝が、水面まで迫り出しているポイント。際キワに「キールヘッド」をベタでキャストし、“チャッチャッ”しているとモワーッとギルが湧いてきました。こちらもギル多いみたいですね。

そしてまた流されながら下流方面へ。帰り道は静かな見送りとなりました。

0F7B1FDB-95A2-4873-B078-37ACEF42C407

今日も可愛かったです。