2013.6.30「新潟野池へ」

先月、連れと訪れた野池へやって来ました。前回僕はノーフィッシュだったので、今日はリベンジです。池の状態も葦といった、いわゆるバス釣りの一級ポイントとなる水生植物が行き渡っていて釣れそう。今日は大丈夫でしょう! フローターで入水後、とりあえず一投目に選んだルアーは「ザッパー」。“またかよ”って感じですが、本当によく釣れるルアーなんですよ。ルアーのボディー部分が8cm弱、ウェイトは20gというサイズ感も、小規模野池のポイントを細かく攻めていくにはちょうどいいんです。

そして、この池では初のバイトをもらいました! 乗らなかったんですけどね。。バイトがあったのは小さな立ち木がまとまっていたところ。一ヶ月ほど前に来た時は気が付かなかったんですが、立ち木や倒木が結構ありました。前より減水していたので、ストラクチャーの様子がよく分かります。その後、一級ポイントの葦が密生しているエリアを撃っていきますが反応ナシ! ここまでで約1時間くらい、集中力が切れてきたので一服タイム。山に囲まれた野池にフローターを浮かばせ、ボーっとしながら吸うタバコは格別。最高のチルですね。

リフレッシュしたところで今度は池の反対側を狙っていきます。こっちは群生した葦など分かりやすいポイントは少ないですが、地形的にはより山に近いためオーバーハング絡みのエリアが多い印象。日中で気温も高いので、こっちの方がいいかもしれません。

とりあえず、オーバーハングの奥へザッパーさんを投げ込みます。無反応…“こりゃおかしいな”ということで、ルアーアクションを変えてみることにします。それまでは、着水後すぐに細かいトゥイッチで3回ほど首振りさせて、1秒ポーズ…だったのを、着水後3秒くらいポーズをとってから、ゆっくりただ巻きに変更してみました。すると、着水後のポーズ中にバイトが出始めました。でも乗らないんですよね。。バスもいわゆる野池サイズで小さそうです。ポーズ中のバイトってちゃんと食ってくれればいいですが、サイズが小さかったり、バイトが浅いと当然乗りません。なので、今度はポーズを短めにしてゆっくりただ巻きにしてみたら乗りました! 基本的に魚は食って反転します。釣り人に向かって動いてくるルアーに対して、魚はそれを追って捕食し反転する。つまり、相反する動きでフッキング率はやっぱ上がる?と気付いたのが今日の収穫でした。

やっぱり小さかったですね。

noike0630a

もういっちょ。これもかわいいサイズですね。

noike0630b