2014.5.06「新潟野池でカヤックフィッシング」

今日はカヤックで釣りがしたかったので、いつもの野池に行くことにしました。ハリキッて自宅を午前4時に出て高速で村上方面へ。5時に現場に到着し、池を見渡すとまだ誰もいない! さらに風も無く静まり返った鏡のような水面からは、いかにもトップに出そうな雰囲気でテンションは最高潮。すぐにでも竿を出したい気分ですが、はやる気持ちを抑えつつ急いで愛艇の「エアフレーム 1」に空気を入れます。こう表現すると、“インフレータブルカヤックって釣り場に着いてからの準備が面倒くさそう”と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。楽ちんです。車のトランクから畳んであるカヤック(エアフレーム1)を取り出して、空気を入れ終えるまで5分もかかっていないと思います。

カヤック

無事に入水し、まずはお約束の「ロングザッパーUB」で探っていくとスグに反応がありました。いわゆる野池サイズの可愛いバスです。この日はだいぶ減水していたので最初はどうかなと思っていたのですが、普段沈んでいるストラクチャーが見えたりと、逆に撃つべきポイントが分かりやすい印象でした。その後もサイズは伸びなかったものの小バスのアタックは続き、退屈しない楽しい釣りができました。

1

23

24