普段使いでもいける。アウトドアプロダクツのコスパ抜群ジャケット

Review

これから冬にかけての釣りやキャンプ、毎回悩むのは何を着ていくかなんですよね。特に格好や値段など考えなければ選択肢は多いのですが、ある程度の機能性、それなりの見た目(おしゃれ)、尚且つ汚しても仕方ないかぁ……など、僕の場合あれこれ気になってしまい大変です。

今回紹介するのはリュックで有名(僕だけですかね…?)なアウトドアプロダクツのジャケットです。正直このブランドのアパレルは馴染みがありませんでしたが、見た感じ良さそうだったのと何より値段が気に入ったので買ってみました。

シルエットが綺麗

ダウンをはじめとするアウターは着膨れが嫌だということがあります。その点、アウトドアプロダクツのジャケットは結構スッとしています。とりあえず着用画像をいろいろな角度からご覧ください。

身長175cm体重65kg。サイズはMサイズを着用
ジップを開けるとこんな感じ
フードも多少の厚みがありしっかりしている
丈がおしりにかけて若干長くなっているため冷え防止になる
ボリュームはあるがダウンのような着膨れ感はない

価格の割に豊富な機能性

有名アウトドアブランドの冬用アウターを買おうと思ったら、軽く5万円くらいはしますよね。もちろん値段相応の品質・デザインが備わっていることは分かりますけど、フィールドで汚れや傷を気にするのは面倒です。

ですので、僕はフィールド使い・普段使い両方着られるアウターを基準に選んでいます。であれば元は取れるかなと思いまして。。1万円くらいのアウターで両方使い可能とは非常にありがたいです。

なんの素材が不明だが中綿入りで暖かい
両サイドに大き目の内ポケットが付いている
完璧ではなさそうな止水ファスナー
袖を絞る部分が厚手のゴムになっているため汚れが目立ちにくい
このように撥水加工されている。耐久性は不明だが持続させるには防水スプレーは必要だと思う

まとめ

1万円ほどでこの機能性・デザインには満足しています。先月末に千葉の房総にキャンプに行った際、夜は8℃前後まで冷えましたが、ロンTの上にこれを着ていたら暖かかったです。何より最悪汚れてもいいし、という気持ちが動きの妨げにならずメンタルも快適。

デザイン性は担保しつつ機能性もそれなりに、さらにお求めやすい価格で……とお考えの方にはおすすめできるアイテムです。

タイトルとURLをコピーしました